中学受験に向けた個別指導塾のメリットと親の姿勢

私は息子が私立の中学受験を決意した時に、塾へ通う事を勧めました。

子供にプレッシャーやストレスを与えないようにしました

様々な塾がある中で、私が大学時代に求人情報で見つけて中学受験の講師アルバイトをしていた経験から家から近い個別指導塾に決めました。中学受験専門の個別指導塾は先生が生徒に付き添って勉強を教えてくれる家庭教師のような塾です。先生が傍に居るのでわからない部分はすぐ気軽に質問でき、先生との信頼関係も築きやすいです。さらに個別指導塾の利点は先生も生徒一人に割く時間が多い為、生徒の理解度がわかり、スムーズな指導ができるのです。しかも友人と通う事ができ、競争意識も高まり勉強する環境には最適であると考えたからです。中学受験にむけて家に近い塾を選んだのは、夜遅くまで勉強して帰りが遅くなる場合には私が迎えに行くことができますし、息子が一度帰宅して軽食を済ませ、塾に行く事も可能だったからです。

また、息子が中学受験を受ける上で、プレッシャーやストレスを感じる事なく勉強してもらおうと考えていました。その為、家庭で勉強する際は、できるだけリビングで一緒に勉強するスタイルを取りました。勉強の指導は難しくても、気分転換に勉強以外の事も話せるような環境を常に作っておき、親も一緒に中学受験に向け頑張って行くという意志を息子に伝える為でした。