中学受験の際、子供を個別指導塾に通わせる利点

中学受験を行う際、息子が個別指導の塾に通っていました。個別指導塾には、様々な利点があります。まず一対一の授業ですので、集団で授業を受けるよりも集中して受講することが可能です。息子も集中力のある方ではなく、学校の先生からも何回も注意されたことがありますが、先生と個別の授業を行うことで成績だけではなく、勉強する際の集中力も成長させることができました。また、個別指導塾では集団指導塾と比べて他の生徒との接点があまり無いため、ライバル同士で競い合って成長するようなことが無い、と考えられる方もいるかと思いますが、毎月統一テストを受け、中学受験をする他の生徒の点数と比較して指導することにより、最適な形で競争意識を芽生えさせることが可能です。
もう一つ個別指導塾が優れている点として、子供に一番適している方法で指導してもらえる事が挙げられます。例えば、ある先生の教え方が子供に合わなかった場合、他の先生を指名することも可能です。こうすることにより、一番子供に合った教え方の先生に指導してもらうことができるのです。
これらの点から、個別指導塾は優れていると考えます。もちろん、子供によって合っているかどうかは変わってくると思いますが、息子の場合は中学受験において良い結果を残す事ができたので正解だったと考えています。