中学受験の個別指導塾、子供に合うまでとことん選んで

娘が中学受験をしてみたいと言いだすようになり、小学四年生の頃から塾に通わせ始めました。しかし集団授業には中々着いていくことが出来ず、その塾内で展開されている個別指導塾のコースに切り替えてみることにしました。これならば娘のレベルに合わせた授業をして貰えるかと思ったのですが、結局あまり先生との相性が良くなかったようで、思うように成績が伸びませんでした。
そこで娘と話し合い、とことん娘に合う個別指導塾を探してみようと結論を下しました。個別指導ならば先生との相性が一番だと思ったので、良い先生に出会うまで体験講座などを根気よく受け続けたのです。その結果三校まわったところで、ようやく娘にぴったりの先生と、それを支援してくれる環境がある個別指導塾を見つけることが出来ました。正直大きな個別指導塾ではなかったので、これで中学受験は本当に大丈夫なのかと悩む気持ちもありましたが、自分にぴったりの先生を見つけられた娘はメキメキと実力を付け、結果大成功を収めることが出来ました。
やはり中学受験にはやり方に絶対の正解はないと思うので、じっくり自分の子供に合う方法と環境を探してあげることが、良い春を迎える最善の方法だと思います。